2月6日(木)ひかり組

2月の目標
☆進級に向けて、好奇心や積極性が高まり、自発的にに活動に参加する。
☆冬の自然環境に興味を持つ。
☆積極的な戸外活動で寒さに負けない体を作る。
☆お別れ会やおみせやさんごっこ等で異年齢の関りも充実し、年長児へのさらなる憧れや小さい友達への思いやる気持ちが育まれる。

※先日はお忙しい中、懇談会にご参加いただきありがとうございました。ゲームをしたりグループ座談会にも混ぜていただき、楽しい時間を過ごすことができました。ひかり組での生活も残り二か月を切りましたが、子ども達中心に楽しい毎日を過ごしたいと思います。よろしくお願いいたします。

RIMG9380-tile
【制作活動】
今年はあまり降らない「雪」、「雪だるま」の制作をしました。自分の作りたい雪だるまをイメージしてちぎり絵と、サインペンとクレヨンで色付けしています。個性的な作品に仕上がりました。ひかり組保育室内に掲示してあるので、ぜひご覧ください♫
お店屋さんごっこで大切な「おさいふ」も作りました。文字に興味が出てきているお友だちもたくさんいるので、「自分の名前書いてみるね!」「わからないからクレヨンのところに名前書いてあるの見ながら書いてみる!」と取り組みます。書けることよりも、興味を持ち自分で書いてみよう・やってみようという気持ちを大切に制作に取り組んでいます。お店屋さんごっこ本番が待ち遠しいです☆

RIMG9374-tile RIMG9368-tile
【リトミック&和太鼓】
音楽が大好きなひかりさん。ピアノに合わせて表現するのがとても上手♪それは和太鼓にも見られます。曲をかけるだけで体が動きだします。活動を自分から楽しむこと、やりたい気持ちを活動に表せています。

IMG_4169-tile
【異年齢交流】
スピノサウルスグループでは、品物作りを休憩し、お散歩に出かけました。「ジャンボ公園がいい!」「OK,のぼりにいこう!」と公園を目指します。ぎんが組ひかり組が登って見せると、「登ってみたい」とさくらさんもチャレンジ。「手すり掴まると行きやすいよ」とぎんがさんが声をかける姿も見られました。
RIMG9387-tile
看板作りでは3つの品物の、作りたい看板を立候補し、ぎんがひかりが下書きで文字を書き、さくらさんはなぞったり、絵を描くお手伝いをしてくれました。ぎんが組の頼りになる姿を1か月の取り組みで見てきたさくらさんひかりさん。「僕はこれをやりたい」「私は○○を描きたい」としっかりと主張してくれるようになりました。子ども同士の関りのなかこそ学ぶことが多いのだなと、感じた活動でした。

RIMG9399-tile
【青少年赤十字活動】
赤十字活動の一環として、川沿いのゴミ拾いを行いました。落ちているゴミNo1は「たばこの吸い殻」でした。「ここにもあるよ」「ここにも!」とトングで拾い袋に入れていきます。「これどこから出てきたんだろ?」と鉄板やクマのクッションなども見られました。おやま公園~南大谷交番までの短い距離でも多くのゴミが集まりました。「地域の人のために、これからもゴミ拾いしようね」と子ども達からの会話からも聞かれました。「地域の方々に支えられている保育園」として、子ども達からこういった気持ちを聞くことが出来たのは、とてもうれしく思いました☆